令和3年度第3回合気道広域合同稽古の報告

Pocket

令和3年9月9木) 午後6時半より7時半まで東京武道館にて第三回合気道広域合同稽古が行われました。

講師:小山 雄二 本部道場指導部師範

新型コロナウイルスの影響により、稽古時間が1時間に短縮となりましたが、27名の方にご参加いただきました。なお、新型コロナ感染予防対策の一環として、稽古相手を交替せずに稽古を行いました。都連からは、藤城理事長、渡辺理事、木下理事、美濃部理事、梶浦理事、井阪理事、大橋理事の7名が参加しました。

小山師範から片手取り呼吸法、片手取り四方投げ、交差取り一教、肩取り二教、正面打ち入身投げなどの基本技を中心にご指導いただきました。肩取り二教では体捌きで相手の体を崩した後、肘を返すときに体幹の力と運動エネルギーの伝え方の工夫。正面打ち入身投げでは、入り身転換する際の方法として前足を外さずに、後ろ足から一足で入身転換する方法などを丁寧にご指導いただきました。4月以来の合同稽古でしたが、みな熱心に稽古に励みました。

次回の広域合同稽古は
令和3年11月11日(木)18:30~20:30
講師: 桂田 英路 本部道場指導部師範
定員対象:先着40名/中学生以上の方
参加料:一般500円/中学生250円
申込期間:10/11から11/8まで
申込方法:東京武道館サービス担当(Tel : 03-5697-2111)までお電話にて事前申し込みとなります。
詳しくは、東京武道館HPをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*